FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今あなたの声が聞こえる 

・本日の研究室
「おはよござあす~」

メールチェック

「異常なし!」

「おつかれやしたー」

以上約3分。
ウルトラマンレオは地球上では2分40秒しか活動できないのだ!

眠気覚ましに調べた浅野真澄、青二に移籍っていう衝撃ニュースを
伝えるためにサークルへいったが理解してくれそうな人がいなかったため退避。
帰り際にすれ違ったうゆう君に伝えれたのでまぁよし。
しかし青二とは・・・。また青二のカオス度が上がってしまった。

・超時空要塞マクロス 愛おぼえていますか
久しぶりに見たくなったので見た。
派手な戦闘シーンとかのエッセンスばかり頭に残っているので
話の補完とかは定期的にしないといかんね。
しかしいつ見ても神アニメだ。
昔は男ならミンメイだろJKと思ってたんだけど
早瀬の良さもわかってきてしまった。
輝はミンメイを最初からアイドルとして見てたしな。

・デカルチャーの使い方
最新のマクロスFでもよく使われるデカルチャー。
映画版で一番最初にハッキリ聞き取れるのは
ゼントラーディーがマクロス艦内に進入して
男女が一緒にいるのを見て「ヤックデカルチャ」と言っている。
そのときの字幕は「なんと恐ろしい」とかになってた気がする。
他にも
「男と女が協力?ヤックデカルチャ」
「お前達は男と女でそのようなデカルチャーをしとる」
等の使用法がある。
いずれも文化的な驚きに対して使われている感じだ。
飯のうまさというのも文化的な驚き。
デリシャス、デカルチャー。

・河森童貞神
妄想が祟ったような戦闘シーンや
妄想が炸裂しているミンメイのデートシーン。
いずれも力強い童貞力で出来ているといわざるを得ない。
マクロス製作当時は監督は童貞だったという証言もどこかで読んだことがある。
結婚した河森監督は神話を作るようになりましたw

・気づいた小ネタ
マクロスFにも出てくる「掃除ロボット」や「動く自販機」
はちゃんと愛おぼに出てくる。
が、ニャンニャンはTV版にしか出ない模様。ミンメイが働いていた店なんだよ!
あとよく耳にする、ワレラロリーコンダって兵士の名前をくっつけたやつなんだね。
いまさら知ってしまった。。。。
あと原画に庵野がいたよ。

・「愛おぼえていますか」という曲が古臭い理由
早瀬さんはラストでこの曲のことを
「何万年も昔に異星人達の街で流行った当たり前のラブソング」
と言っています。古臭くて当然なんです!
ちなみにこの曲はゼントラーディーに古くから伝わるプレートに記されてた曲と
地球のプロトカルチャーの遺跡の都市から見つけた詩で出来てます。
これがマクロス製作当時に古臭く感じたのかどうかは分かりませんが
少なくとも現在2008年からすれば古いというより懐かしいぐらい。
そしてそれが最も重要なことなのですが
「愛おぼえていますか」という曲を聴いて懐かしさを感じることが出来れば
マクロスの世界を100%楽しめているでしょう。
そう、その懐かしさこそがゼントラーディーの文化を蘇らせ
戦争を終結に向かわせたのですから。

ちなみにこの劇場版マクロスは
マクロス世界において「戦勝20周年を記念して作られた記念映画」
という面白ずるい設定があります。
スポンサーサイト
[2008/05/02 03:18] アニメ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。