スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 

M2の発表練習を聞く日でした。
教授、助教が突っ込んでると
あんまり突っ込むところないよね。
しょうがないね。

一回目の進路希望アンケートの結果が来た。
ウチのコースのドクター希望は一人!っつーか俺!
まぁ出してない人もいるっぽいし分からんけど
一人勝ち状態になるのか!?
これで最終的にメッチャ増えたら笑うわww

B4「卒論終わったら映画見る日を作ろう」
D3「何見るの?」
B4「ハルヒとFateとなのは」
もうやだこの研究室・・・


・Coordination of arm and wrist motion during a reaching task(1982)
物に向かって手を伸ばすときの腕の動きの研究。
って古いなぁ。
温故知新ですね。
で、そもそも人間の腕は不思議なもので
肩、肘、手首と関節があって
矢状面(真横から見たときの面)だと3リンクのアームなのです。
手先が平面を移動するのには関節が2つあれば事足りるのに
なぜか3つある。
これが何でなのか?どうやって制御してるのか、未だ解決されていない問題です。
で、この論文はまぁ古い物なので
かなり基礎的なことなんだけど
肘と肩の動きはなんとなく相互作用の関係がありそうだけど
手首の動きは独立してるらしい。
この肘と肩の相互作用がシナジーですかね?
さてこの文献を引用している論文を読む仕事が始まるのか。
[2010/02/10 23:10] オタわごと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oreoreore.blog15.fc2.com/tb.php/1774-52e7fbbb




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。