スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

正義とは宇宙さえも恐れぬ心にだけ宿るものなんだ 

必修全部オワッター!
すると不思議!みるみるやる気が落ちていく~。
このままでは木曜のテスト二つ落としそうだ。
だが、まぁよし!

ニコニコでアベノ橋を3話ぐらい見てしまった。
タグに隠れた名作ってあったけど、これって常識作品じゃないの?
松岡由貴好きを名乗っていてこの作品を知らないやつはモグリ認定っていうぐらい。
今見ると3話のパロディロボがまんまガンメンで笑えるw
昔はわからなかった声優とかネタがわかると成長したなぁ(ダメな方に)と思う。
注:(ヲタクは酷くなればなるほど自分常識が増えていく。その中でも顕著なのが常識作品。この作品は知ってて当然、見てて当然という作品がオタ歴が長いほど(濃いほど)増えていくため、必然的に日常会話内でも知っていることを前提で話が進む。オタク会話の9割はそんな感じなのだが万が一通じなかった場合、これが「刻の涙を見る・・・」ことになるのである。)

スカイガールズラジオ聞きました。
後藤沙緒里のラジオは緑のささやき以降なんか変なのしかやってなかったので
情報的には2年ぶりくらい?のラジオ。
なんか冒頭から噛んでみたり「酒飲みですよ」発言等すばらしいの一言。
あとなんか全体的にやさぐれてる気がする。
しかし片岡あづさが謎過ぎる。
スカイガールズは見てないからよく知らんのだけど
片岡あづさは本編に絡んでないらしい。
なら・・・なぜ・・・?
久しぶりにアニラジっぽいアニラジ聞いたら疲れちゃったな~。

俺もなんかサハたんに触発されて正義についてダラダラ書きたいので
読みたい人だけ読んでおくれ。

・「Crystal Energy」
昨日のタイトルはこいつから。
舞-乙HiMEの後期OP。後期の方が好き。
っていうかBメロがなんか渋くてすごく好き。
Aメロ→Bメロの流れがすごいきれいな気がする。
とまぁ珍しく栗林の曲をほめてみたり。
舞乙はすばらしい作品ですよ。
正義って何か?
とかく自分は正義という言葉が出たり出なかったりする作品が好きなので
その辺を絡めつつ。

まずはじめに、自分の思考がある程度アニメ的、マンガ的なのは致し方ないことだと気づいた。
これはオタク歴=年齢の人間にはわかるだろう。
つまりアニメ、マンガを見てというか
それしか見てきていないわけ(とりわけ多感な時期に)なので
その思考に毒されるのは仕方ない。
だからこそ一般人との壁ができているのかもしれんが。

さて正義という言葉をロボットアニメの歴史で振り返ろう。
70年代、いわゆるスーパーロボットであるところのマジンガー、ゲッターなどは
非常にわかりやすく正義=主人公であり勧善懲悪である。
80年代にガンダムの影響を受けて正義とは主人公だけでなく敵にもあるということが明示された。
90年代は確かそれでも貫かなければならないものがあるということを明示した
ってナデシコのファンブックかなんかに書いてあったはず。
っていうか単に書きたかっただけ(チラシの裏)。

「自分の正義」=「善」と履き違えて相手に押し付けるってのは
なんとなく違うと思う。
そもそも「善」の考え方も主観なわけで。
自分の考えというものは自分の中だけにとどめておけば単なる思考だが
一度外に出したら多分どんな形であろうといわゆる「押し付け」になると思う。
こうやってブログに書くことによって、誰も読んでいないとしても
読まれる可能性があるという点では確実に思考を押し付けている。
ただそれを否定するか肯定するかが重要なのであって、
否定を重ねているからこそ自分の正義が確立していくのだと思う。
「押し付け」を迷惑だと考える気持ちもわかる。
だがその「押し付け」を払いのけることができるものが「自分の正義」なのではないだろうか?
「押し付け」が嫌ならば簡単で、
目を閉じ、耳を塞ぎ、口をつぐんで、誰とも交わらずひっそりと暮らせばよい(攻殻機動隊より)

とまぁよくわからん話になってしまったが
俺の中で正義とは貫くものであり
正義を貫く男はかっこよくなくてはならん。
正義とか悪とかは実はどうでもよく信念を貫く男はやっぱカッコイイ。
「正義」「信念」・・・スクライド見直してー。

つまり自分の中に絶対の判断基準を設けてそれを正義って呼ぶんじゃないかな?
正義とは価値観の共有か。
だから戦争中自国が正義だと叫ぶのは価値観を統一したいからと考えればいける。
正義を否定できるということはつまり個々が尊重されているということになる。
正義の種類が増えちゃったってことかな?

「『ラブひな』の前原しのぶはとても健気でかわいい。だから、お前もしのぶが一番だと思いこめ」
とか言われたらムカつくというが、
「「ラブひな」のしのぶ萌えるよね~・・・、よね!?」
というのは実によくある話というか言い方が悪いだけな気も。
「お前も○○が一番だと思いこめ」これは○○の部分に
自分の一番好きな作品、声優、キャラを当てはめてみれば
ぜ~ったい一度は言ったことがあるはずである。

サハたんの記事は正義っていうかマイルール・・・。

ちなみに俺の正義は「カッコイイ」こと。
かっこよければ正義。
カッコイイオタクっていう矛盾極まりない者になりたい。


我ながらキモイ記事だ。
[2007/07/24 01:25] アニメ | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oreoreore.blog15.fc2.com/tb.php/824-3a96ee1f


ラブひな『ラブひな』(英語表記: Love Hina)は、赤松健による少年漫画作品。またそれを原作にしたテレビアニメ、OVA。「週刊少年マガジン」(講談社)に1998年47号~2001年48号まで連載。全14巻。アニメ版コミックス、バイリンガル版コミックス、小説、ゲームも発売され、
[2007/07/29 22:30] URL このマンガが読みたい!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。